マガジンのカバー画像

THEOの「はじめてガイド」

51
お金はどうやって入金できるの?資産の動きはどこで確認するの?THEOが投資しているETFってなんなの?など、THEOをご利用いただくにあたってのご質問にお答えします。
運営しているクリエイター

#運用

ボーナスなどの臨時収入があったら、何に使う??

冬のボーナスの時期がやってきました。 ボーナスなどの臨時収入があったとき、その使い道はどのように決めていますか? 大型家電などの買い替えをする、旅行をする予定がある、住宅ローンの返済に充てるなど、使い道が決まっている方もいらっしゃるでしょう。 一方、最近の物価上昇や円安などによる経済不安が高まる中で、貯蓄をするなど将来への備えをしようと考えている方もいらっしゃると思います。 臨時収入があっても「将来への備えをしたいけど、何から始めたらいいのかよくわからない」とか「どのくら

みんな、はじめにいくら入金している?

THEOを申込して手続きが完了したとのメールが届いたが、いつ、どんな方法で入金すればよいか迷ってるという方もいらっしゃると思います。 THEOを利用しているお客さまの初回入金額はいくらくらいなのでしょうか? また、どのような方法で入金しているのでしょうか? はじめにいくら入金している? THEOをご利用されているお客さまの、平均初回入金額は約14.5万円です。 ※ 2022年8月現在、運用資産額は2022年1月末時点 THEOの最低投資金額は10万円、THEO+[テオプ

年代ごとの平均金融資産額は?

年代によってお金に対する価値観は変わる 資産形成のことを考えるとき、年代によって何を重視するかというのは異なるでしょう。 若い世代で独身の場合、趣味や旅行など、自分のために使うためのお金をためるという方が多いかもしれませんが、家族がいる場合、生活費に加えて、住宅ローンの返済、子どもがいる世帯では学校や習いごとにかかる教育費、各種保険料など、出費の多さに悩んでいる人が少なくありません。 中にはご両親の介護にたずさわっている方もいらっしゃるでしょう。 日々の生活に追われて、将来

資産運用の途中でお金が必要になったときは?

THEOをご利用されているお客さまの中には、老後の資産形成を目的とした長期の資産形成をお考えの方が多くいらっしゃると思います。 資産運用の大原則は「長期・積立・分散」ですが、長期運用を前提としていても、どうしてもまとまったお金が必要になり資産の一部を取り崩す(出金する)必要が生じることもあるでしょう。 そんな時でも、将来のための資産形成をやめてしまうのではなく、目標(期限、金額)を調整しながら資産形成を続けることが大切です。 THEOでは、お客さまの用途に応じた方法で必

ETFの種類ってたくさんあるけど、銘柄はどうやって選んでいるの?

ETFは「金融商品における20世紀最大の発明の一つ」ともいわれており、効率的なポートフォリオの構築に最適なツールだと考えられます。 約6,000種類のETFが世界中の証券取引所に上場され、幅広く活用されています。 多くのETFの中からTHEOの投資対象となるETFをどのように選んでいるかについてご紹介します。 まず、米国に上場しているETFのうち、インデックス型の銘柄を選別します。その中から「ETFの資産規模」「流動性」「経費率」「運用期間の長さ」などの投資要件に合うもの

時間を味方につけて、少しでも早く投資を始めてみよう

「おまかせ資産運用に申し込んでみたけど、投資は元本割れのリスクがあって不安」と、入金して運用を始めてみることに不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。 どれだけリスクを抑えた運用を行っても、投資には元本割れのリスクがありますので、不安を感じるのは当然です。 特に、投資未経験の方の中には、相場が不安定なときに一時的であっても元本割れになってしまうと、このまま運用を継続しても大丈夫だろうかと思うこともあるでしょう。 では資産運用せずに、元本割れしない「現金(円)」で保

THEOは初月無料でご利用いただけます

「THEOを使うと手数料はいくらかかるの?」というお問い合わせをいただくことがあります。 THEOの手数料は運用資産額の最大1.10%(税込・年率)のみで、それ以外は一切かかりません。 例えば、100万円を1年間運用していただいた場合の手数料は、年間で最大11,000円(税込)、月割りでお客さまの証券口座から引落ししますので、1か月あたりの手数料はおおよそ900円程度になります。(あくまで概算です) しかも、運用を開始した初月は手数料はかかりませんので、安心して運用を始め

長期投資における「複利」の効果

2022年4月から、日本の高等学校でも「資産形成」や「投資」の授業がスタートしました。人生100年時代の今、大人も子どもも、お金に関する知識は必要な時代となりました。 中学生や高校生が学校で学ぶ金融知識のひとつに「単利と複利」があります。投資の経験がないという方でも「単利」「複利」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。 どちらも利息の付き方を表しています。 「単利」は元本に対して、「複利」は元本と利息に対して、利息が付きます。複利は、運用してついた利息に対してさ

資産運用において大切な「分散投資」とは?

資産運用をはじめるためには、多くの資金が必要なイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、THEOは少額でも世界の資産へ「分散投資」ができるおまかせ資産運用サービスです。 毎月1万円の積立など少額からでも、資産を分散しておまかせで運用できますので、投資初心者の方やこれから資産運用をはじめてみたい方におすすめのサービスです。 将来の資産形成について、預金だけでは将来に不安を感じ、資産運用をやってみようかなと思い気軽にTHEOにお申込みされた方もいらっしゃるのではないでしょ