資産運用コラム

16
いま、あるべき個人の資産運用とは(2) #THEOの生まれた背景
+4

いま、あるべき個人の資産運用とは(2) #THEOの生まれた背景

THEO[テオ]という資産運用サービスが生まれた背景について、数回のシリーズでお届けしています。 前回は、私たちの置かれている環境には「年金制度」「インフレ」「長寿」におけるリスクがあり、変わっていく環境のなかで個々に合った資産運用が必要である、という内容でした。 今回はより深く「一人ひとりに合った資産運用」についてお話していきます。 ※このブログは2016年発行 お金のデザイン 著「ロボアドバイザーの資産運用革命」(一般社団法人金融財政事情研究会) を原案としています。

スキ
24