見出し画像

【2019年4月】THEO マンスリーレポート

※本記事は過去記事の転載です

THEOは、定期的に組入れETFの見直し(リアロケーション)を行います。この「リアロケーション」と、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」が、THEOの自動運用の主な機能となります。
毎月お届けする本レポートでは、その月の市況および運用状況、並びに月初に行ったリアロケーションについてお届けいたします。
※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら
※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら

・・・

各機能ポートフォリオの月間運用状況

1.グロース・ポートフォリオ
グロース・ポートフォリオは米ドルベースで+2.78%上昇、円ベースでは円安により+3.30%の上昇となりました。

中国と欧州の好調な経済指標と、好調な米国の企業決算により、世界的に株価が上昇しリスク資産への選好姿勢が改めて強まりました。

ポートフォリオの保有銘柄は、先進国の中ではドイツ株と米国グロース株が最も好調で、米国株(保有銘柄は主にバリュー株で構成される)が1.22%、ドイツ株が0.78%のプラス寄与となりました。しかし、アジア太平洋地域、特に日本株は比較的上昇が小さく、合わせて0.41%のプラス寄与にとどまりました。新興国株はまちまちで、ポートフォリオの新興国のウェイトの中で上位2つを占めるメキシコは0.37%のプラス寄与と最も高く、インドは0.06%のマイナス寄与と最も低いリターンとなりました。その他の新興国株は合計で0.06%のプラス寄与にとどまりました。

四半期毎のリアロケーションでは、アジア太平洋株ETF銘柄の半分以上を日本株ETF銘柄と入れ替え、米国株(バリュー株)のウェイトを増やした一方で、新興国株のエクスポージャーはアジア株を中心に減らしました。

2.インカム・ポートフォリオ
インカム・ポートフォリオは米ドルベースで+0.12%上昇、円ベースでは円安により+0.53%の上昇となりました。

前述の世界的な株式の上昇で投資家のリスク選好姿勢が戻り、信用力の低い債券の価格は上昇しましたが、安全性が比較的高い債券(例:米国国債)は売られて価格が下落し米国金利が上昇しました。しかし、米国のFRB(連邦準備制度理事会)が継続してハト派寄りの姿勢を見せていることやインフレ率の低さから短期金利の上昇は抑制されました。このように、比較的長い金利が上昇した一方短期金利にほぼ変化が無かったため、イールドカーブの傾斜が強まりました。

ポートフォリオの保有銘柄では、ハイ・イールド債ETFが最も好調で合計0.21%のプラス寄与となり、信用リスクを含む投資適格債と新興国債も上昇し0.11%のプラス寄与となりました。しかし、長期米国国債は米国金利の上昇により下落し、0.09%のマイナス寄与となりました。一方、その他の米国国債、先進国の国債、米国のモーゲージ債(うち、多くは米国政府により保証されている)は、合わせて0.14%のマイナス寄与となりました。

リアロケーション対象月ではありませんでしたので、月初の銘柄と配分の見直しは行いませんでした。その結果、ポートフォリオのデュレーションは6.49年、推定平均利回りは3.61%と、前月比でほぼ変化はありませんでした。

3.インフレヘッジ・ポートフォリオ
インフレヘッジ・ポートフォリオは米ドルベースで+0.21%上昇、円ベースでは円安により+0.72%の上昇となりました。

トランプ大統領がイラン産原油の輸入国・地域に対する経済制裁の適用除外を打ち切ることを発表した後、原油価格は過去6ヵ月で最も高い水準に上昇し(投資家が株などのリスク資産へ向かったことで下落が続いた)、貴金属を含む他のほとんどのコモディティ下落を凌ぐ上昇率となりました。

ポートフォリオの保有銘柄では、コモディティETFが0.20%と最も大きくプラス寄与しました。株式市場の上昇がインフラ関連や林業関連の企業の株を押し上げ0.14%のプラス寄与となりましたが、リスク回避姿勢の後退により貴金属は下落し、0.17%のマイナス寄与となりました。その他、不動産ETFおよび物価連動国債ETFのリターンは小さく、0.04%のプラス寄与にとどまりました。インフレヘッジ・ポートフォリオの参照指数である輸入物価指数は前月比0.51%の上昇となりました。

月次のリアロケーションは、コモディティおよび不動産からインフラ関連株へのわずかなシフトのみでした。

累積収益率

画像1

画像2

※上記の各機能ポートフォリオのパフォーマンス及び運用状況に係るコメントは、当月1ヶ月間を通じた弊社モデルポートフォリオのものです。モデルポートフォリオは、THEOの運用方針に基づき、弊社が実際に運用しているものです。各機能ポートフォリオは、300万円以上の資産残高となっています。モデルポートフォリオのパフォーマンスは、配当再投資、運用報酬控除前、税金・取引手数料控除後で計算されています。THEOのお客様のポートフォリオのパフォーマンスは、運用報酬控除後、取引手数料は無料で計算されます。また、月中の入出金や資産残高によっても、そのポートフォリオはモデルポートフォリオとは異なりますので、その運用結果は同一とはなりません。その旨ご留意ください。

・・・

THEOの運用については、こちらの「THEOの仕組み」をご覧ください。運用方針、運用モデルについて、詳しくは、「THEOホワイトペーパー」をご参照ください。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会
リスク・手数料の詳細はこちら
1
おまかせ資産運用サービスTHEO[テオ]の公式note。 金融商品取引法に基づく表示:https://theo.blue/note

こちらでもピックアップされています

世界経済を学ぶ「THEO マンスリーレポート」
世界経済を学ぶ「THEO マンスリーレポート」
  • 29本

THEOのパフォーマンスについて、なぜ上がったのか?下がった理由は?など、世界中で起きている事象と合わせてTHEOの運用状況を解説。