見出し画像

みんな、はじめにいくら入金している?

THEOを申込して手続きが完了したとのメールが届いたが、いつ、どんな方法で入金すればよいか迷ってるという方もいらっしゃると思います。

THEOを利用しているお客さまの初回入金額はいくらくらいなのでしょうか?
また、どのような方法で入金しているのでしょうか?

はじめにいくら入金している?

THEOをご利用されているお客さまの、平均初回入金額は約14.5万円です。
※ 2022年8月現在、運用資産額は2022年1月末時点
THEOの最低投資金額は10万円、THEO+[テオプラス]をご利用の場合、最低投資金額は1万円ですが、実際のお客さまはそれ以上の金額を初回に入金されていることがわかります。

目安として10万円以上の入金をしていただくと、お客さまのポートフォリオにあわせて3つの機能ポートフォリオの割合に応じて適切な配分でETFを購入することができます。
金額が多くなるほど、より多くのETFを購入することができるため、多くの国や資産に投資することができ分散投資効果をより期待できます。

最低投資金額が1万円の方は、10万円未満で運用を開始することもできますが、一定金額に達するまでは最適なポートフォリオと乖離が生じる場合があります。
少額で運用する場合では最大30種類以上のETFによるきめ細かいグローバル分散投資には充分な金額とはいえず、THEOの運用のメリットを活かしきれません。

そのため、積立で運用を開始しようと思っている方でも、初回投資額としてある程度まとまった金額をご入金いただき、毎月の積立と組み合わせていただくことをおすすめしています。
THEOの機能ポートフォリオについて詳しくは下記の記事をご覧ください。
「機能ポートフォリオ」がすごい


どのような方法で入金している?

THEOをご利用されているお客さまの、一人あたりの平均運用資産額は約104万円です。
※ 2022年1月末時点

平均の初回入金額は約14.5万円ですので、それ以外は毎月の積立や、ボーナス時期などにまとまった資金をご入金いただくことになります。

実際の初回入金額は、1万円~数百万円の方など、お客さまによって差はありますが、平均的なお客さまは、まとまった金額の入金と積立を組み合わせてご利用いただけているようです。

初回にある程度まとまった金額をご入金いただくことで、最初から最適なポートフォリオで運用を始めることができます。
また、初回入金に加えて積立を利用することで、入金のタイミングを分散させ、効果的な運用が可能になります。積立について詳しくは下記の記事をご覧ください。

みんな、毎月どのくらい積立入金している?

まだ運用を開始されていない方は、初回にまとまった金額の入金をしていただくと共に、積立設定をして着実に資産を積み上げていく投資もいかがでしょうか。

まとまった金額を入金する
積立を設定する

・・・

THEOの運用については、「THEOの仕組み」をご覧ください。
運用方針、運用モデルについて、詳しくは「THEOホワイトペーパー」をご参照ください。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会
リスク・手数料の詳細はこちら

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!