見出し画像

ETFにリスクはあるの?――「教えて!東証マネ部 第5回」 #これからのお金と資産運用の話

本記事は2019年4月13日に投稿された記事の再掲です

東京証券取引所が運営する、身近なお金の話からプロが教える資産形成のノウハウまでわかりやすく解説するサイト「東証マネ部!」の編集長である東京証券取引所 金融リテラシーサポート部 課長 三木誠 氏にTHEOも運用している「ETF(上場投資信託)」についてお話いただきました。

今回は最終回、東京証券取引所で取り扱っているETFの特徴と、気になるETFの「リスク」についてうかがっています。

・・・

「東証ETF」の特徴とは?

ー前回までのインタビューで、ETFは「透明性」「コスト面」「流動性」という特徴をもつ、プロにも選ばれている商品であるということがわかりました。では、ETFを実際に自分で買ってみたい場合、どのように買ったら良いのでしょうか。

東証ETFで買っていただく場合は、どの証券会社の証券口座からでも、すべての銘柄を買うことができます。投資信託は、買いたいと考えている投資信託を扱っている金融機関の証券口座を開設しないと買うことができませんが、ETFであればどの証券会社でも購入することができます。

ー東証に上場しているETFについて教えてください。また「東証ETF」ならではの特徴はありますか。

まずは、すべて円のまま取引ができるということでしょう。海外に上場しているETFを買う場合は外貨に替えてから買わなければなりませんが、東証ETFの場合はすべて円建てなので、円のまま取引ができます。S&P500などのアメリカ株に連動している銘柄に関しても同様です。

ただ、それでもアメリカの市場で買う方もいます。理由としては、アメリカ市場で買った方が多くの取引があって規模が大きい分、信託報酬が日本より少し安くできるという点と、先ほどもお話しましたが「買いたい時に買いたい値段で買う、売りたい時に売りたい値段で売れる」といる流動性の面で、銘柄によってはアメリカで取引した方が優れているからです。

そこで、流動性の低い銘柄も取引しやすくするために、昨年7月に「マーケットメイク制度」を取り入れました。これにより、多くの銘柄で流動性が改善され、思い通りの値段で売買しやすくなってきました。

ー「マーケットメイク制度」とは何ですか?

「マーケットメイカー」と言われる業者が、「売り」と「買い」の値段を提示してくれるものです。そのことにより、流動性が高まり、投資家は希望の値段で売買することが可能になります。

日経平均株価やTOPIX連動などたくさんの取引があるETFは、売りと買いが多く流動性が高いのですが、取引の少ないETFの場合、希望の値段がつかず、思ったより高い値段で買うことになってしまうケースがあります。

画像1

参考 https://money-bu-jpx.com/news/article006961/

希望の値段で買えないと投資家は余計なお金を払うことになります。
上記例の場合、価格が6,000円のETFに対して、導入以前(左図)は購入するのに6,030円必要でしたが、導入後(右図)は6,010円と20円安く購入することができます。

ーここまでETFの良いところをたくさんお伺いできたのですが、ETFを取引するときのリスクはありますか?あるとしたら、どのようなリスクでしょうか。

そうですね、インデックス(日経平均株価やTOPIXなど)に連動しているので、当然下がることもあり、金融商品ですから元本割れするリスクもあります。

貯金をすべてETFにつぎ込んでしまうのではなく、色々な商品に分けて投資を行うことが大事です。ETFも一つではなく例えば日本株と海外の株などいくつかに分けて買っていくのが良いと思います。

もう一つのリスクとしては、頻繁に起こるわけではありませんが、ETFも「上場廃止」になることがあります。上場廃止になると、取引ができなくなります。ただ、株式の場合は上場廃止が発表されると株券の価値がどんどん下がりゼロに近くなることもありますが、ETFの場合は通常は取引最終日までほぼ理論価格で取引することができます。ですので、取引最終日前までに売っても良いですし、売らずに持っていた場合でも、時間は少しかかりますが、取引最終日の価値で、後日現金を受け取ることが可能です。

今お話したリスクは、すべて株や投信などでも持ち合わせています。何度も言いますが、ご自身の資産の状況を見ながら、無理のない範囲で、分散して投資をするのが望ましいですね。

ーここまで三回にわたってETFについて教えていただきましたが、最後にETFについて、THEOのユーザーに向けて一言コメントをお願いします。

ETFは、一度投資していただくと良さがわかる商品だと思います。もし個人の方で投資してみたいという方がいれば、ぜひ数千円などの少額からでもはじめてみていただきたいですね。

自分で投資してみるとETFの良さを知っていただけますので、そこから適切な配分で分散投資をしてくれるロボアドに、さらに投資してみるのも良いと思います。そういう風にETFに親しんでいただけると、私たちとしては嬉しいです。

・・・

<プロフィール>

画像2

東京証券取引所 金融リテラシーサポート部 課長 三木誠
2000年 慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京証券取引所入社。
派生商品部等を経て、上場審査部では株式やETFの新規上場の審査等を担当。その後、マーケット営業部にてETF、上場デリバティブ等の市場拡大のためのセカンダリー活性化業務を担当し、機関投資家向け営業や個人投資家向けプロモーションに従事。2017年4月より現職となり、ETFのマーケティング及び個人投資家層の裾野拡大を担当。「東証マネ部!」の運営責任者として投資無関心層への啓蒙活動に従事している。
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。


<東証マネ部とは>

画像3

「東証マネ部!」は、身近なお金の話から、プロが教える資産形成のノウハウまでわかりやすく解説し、様々な資産形成法も紹介するサイトです。人生100年時代と言われる昨今、貯蓄はもちろん、自身の資産を計画的且つ安定的に運用していくことが大切です。しかしお金に対する不安を持っている方も多いのではないでしょうか。
「東証マネ部!」では、そんな不安や疑問を解消するお金に関するコラムや、アニメーション動画など、これから投資を始める方からすでに投資を始めている方まで楽しめるコンテンツを多数ご用意しています

https://money-bu-jpx.com/


<関連記事>

・・・

※本稿において、記載されたインタビュー内容の見解は、三木様個人の本インタビュー実施時点におけるご見解です。株式会社東京証券取引所および株式会社お金のデザインの公式見解ではありません。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会
リスク・手数料の詳細はこちら
6
おまかせ資産運用サービスTHEO[テオ]の公式note。 金融商品取引法に基づく表示:https://theo.blue/note

こちらでもピックアップされています

資産運用コラム
資産運用コラム
  • 29本

投資経験がない方でも「お金」や「資産運用」とどのように向き合えば良いかが、分かるようになる。