THEO[テオ]by お金のデザイン
資産運用において大切な「分散投資」とは?
見出し画像

資産運用において大切な「分散投資」とは?

THEO[テオ]by お金のデザイン

資産運用をはじめるためには、多くの資金が必要なイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、THEOは少額でも世界の資産へ「分散投資」ができるおまかせ資産運用サービスです。
毎月1万円の積立など少額からでも、資産を分散しておまかせで運用できますので、投資初心者の方やこれから資産運用をはじめてみたい方におすすめのサービスです。

将来の資産形成について、預金だけでは将来に不安を感じ、資産運用をやってみようかなと思い気軽にTHEOにお申込みされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 

この記事では、分散投資の考え方についてご説明します。

資産運用の大原則は?

安定して将来の資産形成をしていこうと考えた場合、投資をする上で大切な原則は3つあると考えられます。

1. 投資資産の分散
2. 投資タイミングの分散(積立)
3. 長期投資

1. 投資資産の分散
投資資産の分散 は、THEOのおまかせ資産運用で採用している方法です。世界のあらゆる資産に分散して投資を行います。

2. 投資タイミングの分散(積立)
投資タイミングの分散 については、いつ投資をはじめて良いかわからないので様子見をしている、という方に知っていただきたい分散方法です。積立投資をしていくことで、相場の上がり下がりに左右されることなく、着実に資産を積み上げていくことができます。様子見をしている間の機会損失を避けるためには、少額からでも良いので少しでも早く投資を開始することが大切です。
まだ積立設定をされていないお客さまはこちらからご登録いただけます。

3. 長期投資
また、「複利」の効果を活かし効果的に資産を増やすためには、長期投資 が基本となります。
複利効果とは、運用で得た収益を元本にプラスして、再び投資できることをいいます。
複利効果は期間が長ければ長いほど効果が期待できます。「元本割れが不安」と思っている方でも、長期投資であればリスクを抑えられます。

世界に投資する

THEOは、日本だけでなく世界全体に分散投資しています。世界に分散投資しているということは、世界経済の成長と一緒に資産を成長させているとも言えるでしょう。
THEOのグロース・ポートフォリオは比較的この世界株式指数と近い値動きをします。あくまで、世界経済の成長の傾向をご覧いただくための参考資料です。

(出所)各種データよりお金のデザイン作成
(期間)2007年4月末~2022年4月末
※2007年4月末=100として指数化
※世界株式:S&Pグローバル総合指数(現地通貨ベース)
  • THEOの各機能ポートフォリオごとの参照指標
    グロース・ポートフォリオ ー MSCI ACWI Index    
    インカム・ポートフォリオ ー Bloomberg Global Aggregate Index
    インフレヘッジ・ポートフォリオ ー 輸入物価指数

資産運用をはじめるかどうか、また何からはじめればよいか、いつからはじめるのがよいか、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
この記事をお読みいただいたことをきっかけにして、少しでも早く資産運用を開始していただけますと幸いです。

もし、はじめた後に相場の変動によって資産が目減りしても、焦らず慌てず、投資の基本原則(1.投資資産の分散2.投資タイミングの分散(積立)、3.長期投資)を継続していただくのが、資産形成を成功させるために重要です。

・・・

THEOの運用については、「THEOの仕組み」をご覧ください。
運用方針、運用モデルについて、詳しくは「THEOホワイトペーパー」をご参照ください。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会
リスク・手数料の詳細はこちら



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
THEO[テオ]by お金のデザイン
おまかせ資産運用サービスTHEO[テオ]の公式note。 金融商品取引法に基づく表示:https://theo.blue/note