マガジンのカバー画像

資産運用コラム

33
投資経験がない方でも「お金」や「資産運用」とどのように向き合えば良いかが、分かるようになる。
運営しているクリエイター

2022年2月の記事一覧

ウクライナ情勢が今後の世界市場やTHEOに与える影響は?

ロシアのプーチン大統領は2月21日、ウクライナ東部の一部を実効支配している親ロシア派の武装勢力2つを独立国家(ルガンスク人民共和国、ドネツク人民共和国)として認める大統領令に署名を行い、更にウクライナ東部での特別軍事作戦の実施を決めました。その後2月24日に、ロシア軍がウクライナの軍事施設への攻撃を行うなど、ウクライナへの軍事侵攻を始めています。 当レポートでは、今回のウクライナ情勢悪化に関する世界市場やTHEOの運用への影響や、このような環境下において大事なことに関して、当

スキ
58

ウクライナ侵攻と投資家のリスク管理-インフレヘッジポートフォリオの役割を再考する-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 ・・・ ロシアのウクライナ侵攻が現実のものとなり、世界に衝撃を与えています。金融市場も例外ではありません。株式市場も大きく動揺しています。このような緊急時に投資家はどのように対応すれば良いのでしょうか。 今回はTHEOの3つのポートフォリオの1つであるインフレヘッジポートフォリオに注目しながら考えてみましょう。なぜインフレヘッジポートフォリオな

スキ
25

おまかせ資産運用THEO[テオ]6周年記念インフォグラフィックス公開

おかげさまで、2022年2月にロボアドバイザーTHEO[テオ]は6周年を迎えました。多くのお客さまにご愛顧いただき、深く感謝申し上げます。 「テクノロジーと金融工学により、お金を将来の不安から希望へと変える」という目標に向かい、お金を通じて自分らしく生きるひとを応援したいという想いから生まれたTHEO[テオ]。 これからも皆さまに喜んでいただけるサービスを目指してまいります。よろしくお願いいたします。 6周年を記念し、6th ANNIVERSARY THEOインフォグラフ

スキ
27