マガジンのカバー画像

「お金のデザイン研究所 所長 加藤康之」の投資講座

29
お金のデザイン研究所 所長 加藤康之の投資講座です。初心者から経験者まで投資についてわかりやすくご説明します。
運営しているクリエイター

#投資

第2フェーズを迎えたESG投資とその課題-前編- ESG投資とサステナビリティ経…

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特…

緊迫するウクライナ情勢 投資家はどう行動すべきか 「市場の変動とリバランスの効果」

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特…

新入社員の投資戦略を考える -高株価状況下でスタートする資産運用-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特…

バイデノミクスと資産運用

本記事は、お金のデザイン研究所所長、東京都立大学特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

ESG投資家になろう-ポストコロナ時代に重視される社会的価値-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、東京都立大学特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

大統領選後の資産運用 -続・今の株価はバブルか?-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、東京都立大学特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

コロナショック後の経済と資産運用 「ニューノーマル時代に投資家が考えるべき3つのこと」

本記事は、お金のデザイン研究所所長、東京都立大学特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 はじめにコロナショックが世界経済に大きな影響を与えています。先進国では新型コロナウイルスのワクチン開発に力を入れていますが、通常で開発に10年かかるといわれる新しいワクチンが多くの人のもとに届くのにはまだしばらくかかるでしょう。コロナショックは過ぎてもコロナとの共存はしばらく続くようです。私達はニューノーマル(新常態)な時代に生きることを覚悟しておく必要があります。

スキ
43

コロナショックをいかに乗り切るのか-長期投資家の心得-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

第2のリーマンショックが起きた時の対応法 〜 #加藤康之の投資講座 番外編6〜

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

ESG投資とは何か?(2)〜 #加藤康之の投資講座 番外編5〜

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

ESG投資とは何か? 〜 #加藤康之の投資講座 番外編4〜

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏に…

安全資産としての長期株式投資 〜 #加藤康之の投資講座 番外編3〜

前回のブログでは、マイナス金利時代の下、安全資産としての国内債券の投資戦略がきわめて困難…

マイナス金利時代の生き残り戦略 ー機関投資家が採用する3つの投資戦略 〜 #加藤康之…

日銀がマイナス金利政策「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入(2016年1月29日実施)…

退職後の資産運用はどうすべきか?〜 #加藤康之の投資講座 番外編1〜

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏による寄稿記事です 「老後2,000万円問題」「人生100年時代」など退職後に必要な金額や、貯蓄方法への関心が高まっています。 一方で、退職後は貯めた資産を引き出すだけでは無く、運用しながら引き出すことが重要です。 そこで今回は、退職者、あるいは、退職が近いシニア層の方を対象に退職後の資産運用について考えてみたいと思います。 退職を境にキャッシュフローが大きく変わる 多くの人にとって、

スキ
19