THEO[テオ]by お金のデザイン

おまかせ資産運用サービスTHEO[テオ]の公式note。 金融商品取引法に基づく表示:https://theo.blue/note

資産運用コラム

投資経験がない方でも「お金」や「資産運用」とどのように向き合えば良いかが、分かるようになる。

すべて見る

円安の影響と国際分散投資のメリット

新聞やテレビのニュースなどで「円安」「超円安」という報道を目にされることも多いのではないでしょうか。 なぜ、円安が進んでいるのでしょうか。また円安になった場合私たちの資産運用にはどのような影響があるのでしょうか。今回のコラムは、円安をテーマにお届けします。 なぜ「円安」になっているの?為替レートに影響を与える要因は非常にたくさんありますが、最近の円安の大きな原因としては、日本銀行と主要各国(特に米国)の中央銀行の金融政策の違いと、原油価格の急騰などを背景とした外貨需要の増加

スキ
34

利上げ後の状況について〜不透明な環境下で心がけたい投資の原則とは〜

利上げ後の状況について5月3日から4日に開かれた連邦公開市場委員会(FOMC)において、FRB(連邦準備制度理事会)は、フェデラルファンド金利の誘導目標を0.5%引き上げ、かつ、6月からFRBによる保有資産の縮小に着手することを決定しました。この一連の動きは、新型コロナウイルス禍からの経済再開に伴う供給網の混乱やウクライナ情勢などによるインフレ高進への対応策になります。 このFOMCの後、4日にS&P500種指数が2.99%と大きく上昇する一方、翌5日には3.56%下落、6

スキ
36

第2フェーズを迎えたESG投資とその課題-前編- ESG投資とサステナビリティ経営

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 資産運用の世界では相変わらずESG投資が注目されています。日本でESG投資が注目を浴び始めたのは2017年でした。それは公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資をスタートした年です。それから5年が経過し、ESG投資も第2フェーズに入ったと思われます。 そこで、本稿では第2フェーズでは何が変わったのか、そして、どん

スキ
25

【News】THEOと投資信託の合計運用額が2,000億円を突破しました!

いつもTHEOをご利用くださり、ありがとうございます。今回はTHEOを運営するお金のデザインが発表したニュースとともに、お金のデザインが扱っている投資信託についてご紹介します。 THEOシリーズと投資信託合わせて運用額が2,000億円を超えました2022年3月29日(火)時点で、ロボアドバイザーTHEO[テオ]、お金のデザイン・グローバル・ソーシャル・ デベロップメント・ファンド等の投資信託の運用資産合計が2,000億円を突破しました。 ロボアドバイザーTHEO(THEO

スキ
11

ESG投資に関するコラム

ESG投資で「社会にいいこと」を。ESG投資研究の第一人者、京都大学客員教授・お金のデザインアカデミックアドバイザーの加藤康之教授のコラムなど、ESG投資に関する記事です。

すべて見る

第2フェーズを迎えたESG投資とその課題-後編-サステナビリティ投資の評価方法とは

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 前回の記事についてはこちらをご覧ください。 サステナビリティ投資とESGインデックス運用前回、ESG投資のうち以下の定義で説明できる”自然環境や社会のサステナビリティを目指すESG投資”のことを「サステナビリティ投資」として残っていくと考えられるとお話ししました。 では、サステナビリティ投資として残るESG投資はどんな投資でしょうか。それは、

スキ
7

第2フェーズを迎えたESG投資とその課題-前編- ESG投資とサステナビリティ経営

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 資産運用の世界では相変わらずESG投資が注目されています。日本でESG投資が注目を浴び始めたのは2017年でした。それは公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資をスタートした年です。それから5年が経過し、ESG投資も第2フェーズに入ったと思われます。 そこで、本稿では第2フェーズでは何が変わったのか、そして、どん

スキ
25

手軽にESG投資ができる「THEOグリーン」11,000人以上のお客さまが設定中!

広がり続けるESG投資THEOには、ESG(イーエスジー)投資ができる「THEOグリーン」という機能があることをご存知ですか? ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の課題解決に取り組んでいるかという評価軸で企業を選び、投資する方法です。例えば、クリーンエネルギーを使⽤してCO2の排出量を削減している、地域の新規雇⽤で地域経済を活性化させている、より良い会社になるためのルール作りを積極的に⾏っている、などの取り

スキ
28

THEOとTHEO+ docomoで「ESG投資」ができるようになりました!

THEO[テオ]のおまかせ資産運⽤に、ポートフォリオの一部をESG関連ETFに変更できる新機能『THEOグリーン』ができました。 資産運用を通じて「社会にいいこと」を。資産運⽤を続けながら、⼿軽に社会的な課題解決に貢献することが可能です。 THEOグリーンとは 「THEOグリーン」はTHEOとTHEO+[テオプラス] docomoに追加された新機能です。 THEOの機能ポートフォリオ「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」のうち、株式を中心とした「グロースポートフォリオ」

スキ
75

「お金のデザイン研究所 所長 加藤康之」の投資講座

お金のデザイン研究所 所長 加藤康之の投資講座です。初心者から経験者まで投資についてわかりやすくご説明します。

すべて見る

第2フェーズを迎えたESG投資とその課題-後編-サステナビリティ投資の評価方法とは

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 前回の記事についてはこちらをご覧ください。 サステナビリティ投資とESGインデックス運用前回、ESG投資のうち以下の定義で説明できる”自然環境や社会のサステナビリティを目指すESG投資”のことを「サステナビリティ投資」として残っていくと考えられるとお話ししました。 では、サステナビリティ投資として残るESG投資はどんな投資でしょうか。それは、

スキ
7

第2フェーズを迎えたESG投資とその課題-前編- ESG投資とサステナビリティ経営

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 資産運用の世界では相変わらずESG投資が注目されています。日本でESG投資が注目を浴び始めたのは2017年でした。それは公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資をスタートした年です。それから5年が経過し、ESG投資も第2フェーズに入ったと思われます。 そこで、本稿では第2フェーズでは何が変わったのか、そして、どん

スキ
25

緊迫するウクライナ情勢 投資家はどう行動すべきか 「市場の変動とリバランスの効果」

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 ロシアのウクライナへの侵攻により、金融市場は動揺しています。当面、資産価格の変動性は高まることを覚悟しておいた方が良さそうです。怖いので投資資産をすべて売ってしまいたいとお考えの方もいるかもしれません。しかし、それでは長期投資の観点で大きな機会を逃すことになることは過去の歴史が繰り返し教えています。 それでは長期投資家はどう考えればいいのでしょ

スキ
42

ウクライナ侵攻と投資家のリスク管理-インフレヘッジポートフォリオの役割を再考する-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、京都先端科学大学教授/京都大学客員教授/東京都立大学特任教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 ・・・ ロシアのウクライナ侵攻が現実のものとなり、世界に衝撃を与えています。金融市場も例外ではありません。株式市場も大きく動揺しています。このような緊急時に投資家はどのように対応すれば良いのでしょうか。 今回はTHEOの3つのポートフォリオの1つであるインフレヘッジポートフォリオに注目しながら考えてみましょう。なぜインフレヘッジポートフォリオな

スキ
24

世界経済を学ぶ「THEO マンスリーレポート」

THEOのパフォーマンスについて、なぜ上がったのか?下がった理由は?など、世界中で起きている事象と合わせてTHEOの運用状況を解説。

すべて見る

【2022年3月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的に機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能です。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況及び運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら レポートの内容は以下の動画でも

スキ
25

【2022年2月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的に機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能です。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況及び運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら レポートの内容は以下の動画でも

スキ
23

【2022年1月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的に機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能です。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況及び運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら レポートの内容は以下の動画でも

スキ
16

【2021年12月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的に機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能です。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況及び運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら レポートの内容は以下の動画でも

スキ
19

THEOの仕組み

スマートベータやリバランスなど、THEOのおまかせ運用を支える機能や理論考え方がもっと理解できる。 THEOを初めたばかりの方にも、長く続けている方にもおすすめ。

すべて見る

THEOのリスクコントロールの特徴は?

引き続き、グローバルの投資環境には懸念材料が数多く存在しますが、そのような環境だからこそ、精緻なリスクコントロールが重要になってくると考えています。 今回はTHEOのリスクコントロールの特徴に関してご紹介させていただきます。 THEOは、資産クラスや銘柄(ETF)の分散、投資タイミングにおける時間分散などに留意しつつ長期的視野で投資を行うことが重要であると考えており、それは現在のような先行き不透明な局面でも変わりません。 THEOのおまかせ運用THEOのおまかせ運用では、

スキ
29

【THEOの手数料体系】カラーパレットで知っておきたい7つのこと #THEO-Guide

THEOの手数料体系「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」について、知っておきたい7つのことをまとめました。 1. カラー(割引率)は全部で5種類 THEOではご利用状況に応じて、最大0.715%まで5段階で手数料が割引されます。 例えば、毎月積み立てを続けて出金をしなかった場合は手数料が0.99%のブルーに、カラー基準額が50万円を超えると0.880%のグリーンになります。 ※手数料の表記はすべて税込・年率 ※運用資産の時価評価額3,000万

スキ
19

THEOの「リバランス」がすごい #THEO-Guide

「THEOは、最初に入金してETFを購入したら、そのままですか?」「THEOが売買するのは、入金・出金のときだけですか?」という質問が多く寄せられます。おまかせ運用の中でTHEOは何をおこなっているのでしょうか。その疑問にお答えします。 ・・・ THEOにおまかせできる、 リバランス、リアロケーション、リクリエーション、リプロファイリングとは?投資を始めたら「おまかせ運用」が可能なTHEO。THEOは適切な成果が得られるように、運用中に細かな調整を行っています。 ※市場

スキ
36

THEOの「AIアシスト」がすごい #THEO-Guide

THEOの注目すべき機能には「AIアシスト」があります。どんな機能なのでしょうか。「AIアシスト」について説明します。 ・・・ あなたの代わりに 世界中のニュースやつぶやきを利用。 AIアシストって?THEOには「AIアシスト」という機能が搭載されています。THEOのAIアシストとは下落リスクの低減を図るもの。 THEOのAIでは様々な資産に対するテキスト情報から得られる市場心理を指数化したインデックスと市場データをインプットとし、機械学習を用いて各銘柄あるいは資産クラス

スキ
7