THEO[テオ]by お金のデザイン

おまかせ資産運用サービスTHEO[テオ]の公式note。 金融商品取引法に基づく表示:https://theo.blue/note

世界経済を学ぶ「THEO マンスリーレポート」

THEOのパフォーマンスについて、なぜ上がったのか?下がった理由は?など、世界中で起きている事象と合わせてTHEOの運用状況を解説。

【2021年10月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的に機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能です。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況及び運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら レポートの内容は以下の動画でも

スキ
17

【2021年9月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的に機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能です。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況及び運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら レポートの内容は以下の動画でも

スキ
22

【2021年8月】 おまかせ資産運用THEO[テオ]マンスリーレポート

THEOは、定期的にTHEOの機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能となります。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況および運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けいたします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら なお、レ

スキ
21

【2021年7月】 THEO マンスリーレポート

THEO[テオ]は、定期的にTHEOの機能ポートフォリオに組入れているETFやその配分を見直す「リアロケーション」を行います。また、お客さまのポートフォリオと目標値との乖離を修正する「リバランス」を行っています。これらがTHEOの自動運用の主な機能となります。 毎月お届けする本レポートでは、その月の市況および運用状況、ならびに月初に行ったリアロケーションについてお届けいたします。 ※「リアロケーション」「リバランス」の詳細はこちら ※「機能ポートフォリオ」の詳細はこちら

スキ
32

資産運用コラム

投資経験がない方でも「お金」や「資産運用」とどのように向き合えば良いかが、分かるようになる。

日本の資産運用の実態 #THEOの生まれた背景

THEOの運営会社「お金のデザイン」は2013年に設立され、2016年にフィンテックサービスの先駆けとして、ロボアドバイザーTHEOをリリースしました。 「THEOの生まれた背景」として、まずは私たちを取り巻く環境について、こちらのブログでご紹介しました。 今回は、日本の資産運用の実態とニーズ、そしてTHEOはどういう想いで生み出されたのかをお届けします。 ※このブログは2016年発行 お金のデザイン 著「ロボアドバイザーの資産運用革命」(一般財団法人金融財政事情研究会)

スキ
41

いま、あるべき個人の資産運用とは(2) #THEOの生まれた背景

THEO[テオ]という資産運用サービスが生まれた背景について、数回のシリーズでお届けしています。 前回は、私たちの置かれている環境には「年金制度」「インフレ」「長寿」におけるリスクがあり、変わっていく環境のなかで個々に合った資産運用が必要である、という内容でした。 今回はより深く「一人ひとりに合った資産運用」についてお話していきます。 ※このブログは2016年発行 お金のデザイン 著「ロボアドバイザーの資産運用革命」(一般社団法人金融財政事情研究会) を原案としています。

スキ
24

いま、あるべき個人の資産運用とは(1) #THEOの生まれた背景

2016年にロボアドバイザーTHEO[テオ]が生まれてから、5年が経過しました。おかげさまで、THEOを運用している方の数は10万人を超えており、その半数以上はこれまで投資をしたことのない方です。運用している方が増えているのは、ロボアドバイザーによる「おまかせ資産運用」が少しずつお客さまに受け入れていただけているから、と私たちは考えています。 「THEO」というサービス名称は、ゴッホの弟であるテオドルス・ファン・ゴッホ(Theodorus van Gogh)から名付けられま

スキ
55

2020年の振り返り〜激動の一年、パンデミックが与えた影響〜

こんにちは、投資プラットフォーム責任者のスチュアートボックス マットです。 2020年は、新型コロナウイルス感染症に左右される激動の一年となりました。このパンデミックが人々、企業、政府に与えた影響は過去に類を見ないものであり、長期的に経済への構造的な変化をもたらすことが想像されます。 今年も残りわずかとなりましたので、このパンデミックが社会経済、金融市場、ひいてはTHEOにどのような 影響を与えたかについて振り返りたいと思います。 ・・・ 1. 世界経済 国際通貨基金(

スキ
20

THEOの「はじめてガイド」

お金はどうやって入金できるの?資産の動きはどこで確認するの?THEOが投資しているETFってなんなの?など、THEOをご利用いただくにあたってのご質問にお答えします。

THEOのお申込みについて

お申込みの流れ STEP1 THEOのお申込み 資産運用シミュレーション(スキップすることもできます)のあと、氏名、メールアドレスのみご登録していただきます。契約書面などをご確認ください。 ※dアカウントをお持ちの場合は、dアカウントにログインしてお手続きすることも可能です。(THEO+ docomoの場合) STEP2 証券口座のお申込み(SMBC日興証券) お金のデザインの提携金融機関でお客さま本人名義の証券口座が必要です。 ◆証券口座をお持ちでない場合 → 証券口

スキ
13

証券口座の移管後によくお問い合わせをいただくご質問について

当社は2021年8月1日に、THEOおよびTHEO+[テオプラス] の証券口座をSMBC日興証券株式会社に移管いたしました。 これにより、THEOのサービスにおける証券業務のオペレーション、お客さまの資産管理などをさらに堅牢・安全なものとし、お客さまにより安心な「おまかせ資産運用」をお届けできる環境を整えることができました。 証券口座を移管したことにより、サービス面でいくつかお客さまよりお問い合わせをいただいております。今回はその内容についてお届けしていきます。 Q 証券

スキ
17

THEOが行うメンテナンスとは?

THEOは、お客さま一人ひとりに合わせ自動で資産運用を行っています。今回は「THEOのメンテナンス」というテーマで、THEOの自動運用のなかで行う「リバランス」や「リアロケーション」などについて、インタビュー形式でお話いたします。 こちらは動画でもご覧いただけます。※YouTubeで再生されます。 ・・・ Q THEOはどういったメンテナンスを行っているのでしょうか?おまかせ資産運用サービスのTHEOは、お客さまにご入金いただいた後自動でETFの売買を行っていますが、定

スキ
23

THEOの資産運用方針はどう決まっている?

THEOは、お客さま一人ひとりに合わせ自動で資産運用を行っています。ではその資産運用の方針はどのように決まっているのでしょうか。 今回は「THEOの資産運用方針の決め方」というテーマでお金のデザイン 資産運用部長(京都大学 客員准教授)の南が、インタビューに応じました。 こちらは動画でもご覧いただけます。※YouTubeで再生されます。 Q THEOで運用中のお客さまからは、資産運用についてどういった質問が寄せられますか? お客さまから資産運用について寄せられる質問は、例

スキ
24

ESG投資に関するコラム

ESG投資で「社会にいいこと」を。ESG投資研究の第一人者、京都大学客員教授・お金のデザインアカデミックアドバイザーの加藤康之教授のコラムなど、ESG投資に関する記事です。

THEOとTHEO+ docomoで「ESG投資」ができるようになりました!

THEO[テオ]のおまかせ資産運⽤に、ポートフォリオの一部をESG関連ETFに変更できる新機能『THEOグリーン』ができました。 資産運用を通じて「社会にいいこと」を。資産運⽤を続けながら、⼿軽に社会的な課題解決に貢献することが可能です。 THEOグリーンとは 「THEOグリーン」はTHEOとTHEO+[テオプラス] docomoに追加された新機能です。 THEOの機能ポートフォリオ「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」のうち、株式を中心とした「グロースポートフォリオ」

スキ
68

ESG投資家になろう-ポストコロナ時代に重視される社会的価値-

本記事は、お金のデザイン研究所所長、東京都立大学特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏による寄稿記事です。 はじめに世界がコロナ禍に襲われてから1年近くが過ぎました。マスクやテレワークなどコロナは私達の日々の生活を大きく変えてしまいましたが、経済の仕組みや価値観まで変えようとしています。 少し大げさな言い方をすれば、ポストコロナの時代はポスト資本主義の時代に入るだろうと考えています。ポスト資本主義では、企業は時価総額という株主にとって重要な金融的価値だけでなく、顧客・地域

スキ
42

ESG投資とは何か?(2)〜 #加藤康之の投資講座 番外編5〜

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏による寄稿記事です 最近、「ESG」という言葉を新聞やテレビのニュースで見るようになったと感じる方が多いのではないでしょうか。ESG投資に対する関心は世界的にますます高まっています。日本でも遅ればせながら、ESG投資の時代が到来していると言えるでしょう。 ESGとはEnvironment、Social、Governanceの略で、環境、社会、ガバナンスを重視した投資のことです。前回の本ブ

スキ
15

ESG投資とは何か? 〜 #加藤康之の投資講座 番外編4〜

本記事は、お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授/京都大学客員教授の加藤康之氏による寄稿記事です ESG投資は、今、日本だけでなく世界的に大きな潮流になっています。ESG投資に関する国際的団体であるGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)によれば、世界のESG投資残高は約2200兆円に上ると言われています。 今回はESG投資について考えてみましょう。 ESG投資とは? ESGとは、環境(Environmental)

スキ
15

THEOが投資しているETF

THEOは「おまかせ資産運用サービス」。どのようなETF銘柄を売買しているのか実際に各機能ポートフォリオで保有しているETFを解説していきます。

THEOが投資しているETF⑦:ハイイールド国債ETF

THEOは「おまかせ資産運用サービス」ですが、実際にどのようなETF銘柄を売買しているか、詳しく知りたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような疑問にお答えするため、各機能ポートフォリオで保有しているETFを解説していきます。 これまでにご紹介したETFはこちら ・THEOが投資しているETF①:米国株式ETF ・THEOが投資しているETF②:米ドル建て社債ETF ・THEOが投資しているETF③:コモディティ関連ETF・不動産関連ETF ・THEO

スキ
26

THEOが投資しているETF①:米国株式ETF

本記事は2019年11月9日に投稿された記事の再掲です THEOは「おまかせ資産運用サービス」ですが、実際にどのようなETF銘柄を売買しているか、詳しく知りたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような疑問にお応えするため、今回より各機能ポートフォリオで保有しているETFを解説していきます。 第一回であるこの記事では、グロース・ポートフォリオの保有銘柄のうち、最大の比重を占める「米国株式ETF」のご紹介をします。 参考)そもそも機能ポートフォリオって?

スキ
45

THEOが投資しているETF②:米ドル建て社債ETF

THEOは「おまかせ資産運用サービス」ですが、実際にどのようなETF銘柄を売買しているか、詳しく知りたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような疑問にお応えするため、前回から各機能ポートフォリオで保有しているETFを解説しております。 第一回の記事では、グロース・ポートフォリオに含まれている保有銘柄内で最大の比重を占める米国株式ETFを紹介しました。 第二回の今回は、市場規模が2019年6月末時点で一兆ドル(108兆円)を突破し、株式ETFに次ぐ存在

スキ
26

THEOが投資しているETF③:コモディティ関連ETF・不動産関連ETF

THEOは「おまかせ資産運用サービス」ですが、実際にどのようなETF銘柄を売買しているか、詳しく知りたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような疑問にお応えするため、前回より各機能ポートフォリオで保有しているETFを解説しております。 第一回の記事では、グロース・ポートフォリオに含まれている米国株式ETFをご紹介しました。 第二回の記事では、インカム・ポートフォリオに含まれている米ドル建て社債ETFをご紹介しました。 第三回であるこの記事では、イン

スキ
27